ANOTHER DAYS

日々平穏
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
らくがきぼーど
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
彼女の空に続く青。
 職業、英雄。
 年齢は、たぶんわたしよりちょっと上くらい。
 好きな色、たぶん青。
 好きなテレビ番組は、結構マルチっぽい。
 好きな食べ物は、う〜ん・・・・・・日に日に増えてる感じ?
 そのくらいだ、わたしが彼女のことを知っているのは。
 それっぽっちしか、知らないんだ。

「どうしたんですか、ルミナ」

 彼女と目が合った。
 慌ててそらすのもなんか変だし、何か言わないと。

「え、っと・・・・・・今日の夕飯、なにかリクエストはあるかな?」

 ふむ。我ながらちっとも気のきいた言葉がでない。
 彼女は少し迷うようにして「ルミナの作るものならなんでも」と答えてくれた。
 今はリビングでごろごろしながら、私は本を、彼女はテレビを見ていた。
 会話が、続いてくれない。
 別に無理して続ける必要もないんだけれど。ただとなりに居るだけで変な息苦しさとか
そういうの、全然感じないし。なんか自然体って感じで、けっこうこの雰囲気は好きだ。

「そうですね・・・・・・リクエストがないと作りづらいようでしたら。
 ルミナが食べたいもので私は構いませんよ」

 私が少し困ったような顔をしていたのだろうか、彼女が言葉を続けてくれた。
 彼女は優しい。

「――も、料理とかするの?」

「ルミナには及びませんが、簡単なものなら」

 彼女は少し、話してくれた。彼女が大好きだった食べ物のことや、その作り方。
 わたしが聞いたことのない食べ物もその中にいくつかあった。

「じゃ、今夜はそれにしよう。作ったことないけど、教えてもらえればきっと作れるよ」

 はい、そうしましょうと彼女も少し嬉しそうに微笑んだ。
 材料が揃うかだけ、心配だ。まあなかったら今風アレンジということで、良いし。

「空、綺麗だなぁ」

 思い返すと、彼女と話したことは食べ物の話ばっかりだった気がする。
 それを彼女は、どう思っただろう。
 わたしのことを、くいしんぼうだと思っただろうか?
 もっと、彼女と色んな話をしておけば良かった。少しだけ後悔してる。
 もし再び会えることがあったとき、笑われないように頑張らないと。
 どこまでも広がる青い空。
 それが――彼女の空にも繋がっているような気がした。
 貴方も、今見ていますか?



**********************************************************************
 ここを見てくださってる方がどれくらいで、隠してある小説をどれくらいの方が読んで
くださってるか分からないですが・・・。なんか久しぶりに書きたくなったので描いちゃい
ました。ちょっぴりアフター。
 絵を描くのも・・・久しぶりだなぁ。
 絵描いてから、文つけたもんで・・・ちょっとちぐはぐ。
 空を向いてる風に描けばよかったです。剣もいい加減ですし・・・。
 もう一度、あの小説をちゃんと書きたいなぁ。
 このブログのデザイン、好きなんだけど・・・。横幅が500ピクセルの絵を載せると
変になる・・・。CSSいじれば直せると思うんですが・・・。面倒で見る気にならな(こら。
 今度暇を見つけて上から下まで覗いてみようと思います。
| 書き物 | 21:58 | comments(10) | - | ↑PAGE TOP
主人の憂鬱。
 部屋の隅っこの方で、珍しく眠りについた彼を見つけた。
 ソファーに座れば良いのに、床に腰をついて堂々と眠っている。
 最初に出会ったとき。私は名乗ったのに、この男は失礼極まりなく名乗ることなどしな
かった。
 だから私から「貴方、名前は?」と尋ねたのだったと思う。
 そしたら彼は<<ギア=フリークス>>と答えた。たったそれだけの答えに、彼は逡巡する
ように数秒の時間を要した。おまけに、自分でもよくわからない――そう付け足して。
 私はそれがどうしても可笑しくて笑ってしまった。記憶を失っているとかならまだしも。
 大のおとなが――私から見れば誰だって大人みたいなモノだけれど――自分の名前がわ
からないってどうなの? 仮にも英雄ですよ?
 おまけに彼が名前を答えたとき、僅かに困ったような表情をしたのだ。
 その時――失礼ながらもこう思ってしまった。
 可愛い、と。
 だが実際彼は、ちっとも可愛くなどなかった。
 私の言うことなんて全然聞いてくれないし。
 「それが仕事だろう!」と彼を何度叱りつけても聞く耳なし。
 これは人選ミスかもしれないと何度も後悔したものだ。
 本来、今だって彼が眠っているのはただの惰眠と言えた。彼らに睡眠など必要ないんだから。
 主人である私としては叩き起こす権利、否――怠慢な従者を起こす義務があるとさえ思える。
 だが眠っているといっても彼は仮にも狂戦士。
 怒って飛び掛ってこられたら私など一溜まりもないだろう。
 だから額に“肉”程度で勘弁してやろう。
 ここは人間の出来てる私だから許してあげてるわけであって!
 感謝しなさいよ! べ、別に貴方が恐いわけじゃないんだからねっ!
 そう思うことにした。思うことにしなければやってられない。
 おっかなびっくり――じゃなくて、優雅な足取りで水性ペンを棚から取り出してきて。
 きゅぽん、とまぬけな音をさせて水性ペンのフタを取る。
 水性ってところがまた、自分の小ささを表していて嫌になるな・・・・・・。
 彼が目を覚まさないか、ヒヤヒヤしつつ。
 ゆっくりとペンを片手に彼の額に伸ばす。
 彼は、例えるなら野獣。狼だ。だとしたら私は赤頭巾ちゃん?
 自分で思って、またそれが可笑しくなってニヤニヤ笑ってしまった。

「ああ、バカみたいだ・・・・・・私」

 結局――彼の額に“肉”と書く作戦は失敗に終わった。
 彼が途中で目を覚ましたわけじゃない。
 彼は眠る獣。
 だから――見ていて、とても、愛おしくなってしまった。
 眠る彼の表情はとても穏やかだった。
 すぅすぅと寝息を立てる彼は紛れもなくどうしようもなく、いつもの恐い彼が醸し出す
雰囲気など皆無で無防備だった。

「英雄はどんな夢を見るのかしら、ね」

 彼のいつも外さない眼鏡をこっそり手に取って、掛けてみたりする。
 予想では物凄い度が入っているのかと思ってたのに、伊達だった。新たな発見だ。
 だったら、どうして邪魔な眼鏡など掛けているのだろう?

「何をしているんだ、マスター」

「みぎゃぁぁ!」

 突然起きた彼にびっくりして、思わず素っ頓狂な声をあげてしまう。
 なんて失態・・・・・・。
 コイツの眼の前ではいつも落ち着いて優雅に振舞おうって決めていたのに。
 っていうか何、何でコイツ突然目を覚ましてるの!

「起きるときくらい起きるって言ってから起きなさいよ!」

 うあん――支離滅裂だ泥沼だぁ。

「フム――難しい課題だなそれはまた。とりあえず、起きたぞマスター」

 珍しく彼にしては殊勝な返事だった。

「なんだマスター。目まで、悪くなってきたのか」

「そ、そうよ! だったら貴方の眼鏡ちっとも度が入ってないじゃない!」

 たとえ目が悪かろうが、私の場合魔力で視力を補強すれば良いだけの話であって。
 彼もそう気付いただろう。
 私は悔しさと恥ずかしさでいっぱいになり、掛けている眼鏡を外して力いっぱい握りしめる。
 彼は何も言わなかった。
 ただ私が今にも握りつぶしてしまいそうな眼鏡を、物憂げに見つめていた。
 まるで何か大切なモノを見ているように。

「っ〜〜〜! 何よ、何か言いなさいよ!」

「何でもない――私はもう一度寝るぞ、マスター」

「あ、待てこのヤロウ!」

 私の制止を押しきり、彼はまた目を瞑った。
 もう、寝てるし!
 どこでも眠れる、すぐ眠れるというのは才能だ。私なんてなかなか寝付けやしないし、
ときどき夢にうなされてすぐに目が覚めてしまうのに。
 全く、この男はワケがわからない。理解できない。
 英雄を理解するなんて、凡人の私には無理なのだろう。

「えい」

 私はどっかりと、彼の横に腰を下ろした。
 もう良いや、今日は。寝よう。
 彼の白衣、その胸ポケットに眼鏡を返してやる。

「きっと、私には言えないような大切な物なんでしょうね」

 肩越しに感じられる彼の体温は温かかった。さすがケダモノだ。
 冷え切った氷のような私でさえ、溶けてしまうんじゃないかとさえ思えた。
 私の心の中にある氷山が、溶けてしまうんじゃないか。

「――どこか、壊れちゃったのかなぁ」

 彼に出会って、私は私のことまで理解できなくなった。
 誰にも触れることなく生きてきた私は、私のことだけは理解していると思っていたのに。
 今の私は、まるで恋する乙女のようだ――。
 そんなバカな思いを廻らせながら。
 私は深いまどろみの中に落ちていく。



*************************************************************************
 本邦初公開の小説版、サティ譲の素顔。あとギアの寝顔。
 前髪が揃った大人びた少女でも彼の前では素直になれないの! って・・・。
 あの彼女っぽいですね・・・(汗。
 でもこんな性格だったかなぁサティ。
 こうかいてると・・・続きとかアフターとかif祭とか・・・かきたくなってくる・・・。
 時間が欲しいとです。
| 書き物 | 21:52 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
目指せペーパー卒業
ってわけで、今週末は運転しましたよ!
今年の初めに某大型ホールの駐車場で暴走したのが最後だから、4ヶ月ぶり。
4ヶ月前よりもっと前は2年前とか。
ってわけで、実に免許とってから自分で運転した時間はたぶん合計1時間もないわけで・・・。
頑張りましたよぅ。どきどきでした。
女の子が駐車場で「すみません・・・駐車してもらえませんかっ」て言うのはありだろう
けど。男が言っても、なんだかなって感じですからね・・・。
うちの母の車は古くてぼっこいので、それで運転しました。
最初の難関は、家から外に出ること。大げさっぽいですが、軽自動車がギリギリ
通れるスペースしかない場所に母の軽が止まってます。
でも何というか、ずっとそこから出している母の姿を見ていたからかなんなのか、
意外とこすることなく出ることができました。
その後、祖父母を眼科に迎えに行ったり、お米精米したり買い物行ったり。
でも――無事帰ってこれたぁ、と安心したのが間違いでした。
帰ってきて駐車、ああハンドル切るの早かったかな、バックバック――。

ぐしゃ!

・・・・・・。おばあちゃんお花さんゴメンなさい・・・・・・。
駐車場の隅に置いてあった花が植えてある発砲スチロール踏み潰しました・・・。
あんな場所に・・・あるなんて・・・。
でもそれが猫や人の子だったら洒落になんないわけで。
前方不注意というか下方不注意というか・・・・・・周りを見渡さないと駄目ですね。
今後気をつけなきゃ。

しかし免許とって数年経つ自分が初心者マークはって良いのでしょうかねぇ。
免許とってまともに道走ったのって初めてだからなぁ・・・。
ってわけで今日から僕は初心者です、という事で・・・。
少しずつ練習してカンを取り戻そうと思います。
| 日々の出来事 | 21:15 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
ひなたに咲く花
お花屋さんで綺麗に並べられた花。
ひなたでのびのびと咲く花。
ひかげで健気に咲いている花。
ってなわけでスマップのアルバムを2枚とか買ってきちゃいましたっ。
何気にスマップ好きなんですょ。
あと「陰日向に咲く」と「ミミズクと夜の王」とマンガ少々購入。
お金使いすぎデス。まぁ・・・・・・賭け事に放り込むより余程イイヨネタブン。
で、噂に違わず陰日向〜が面白いです。今読んでいる途中なんですけども、
読みやすくて続きが気になってページを開いてしまう。
ミミズク〜も読み終わりましたけど良かったです。
本を読み耽っている時間ってあっという間ですね。
自分は本読むの遅い方ですがずーっと読んでいたい。
面白いから続きが読みたいだけど読み終わりたくないという葛藤。
それでも終わりは訪れます。
月曜日はやってきます。あーあーあー。
| 日々の出来事 | 20:56 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
わーい
会社入って初のお給料ですよ!
もらえる場所ではもう4月分の給料は先月の25日に出てるらしいですが。
うちは、今月でした。
会社の皆さんに「おお、初めてだったね。いくらもらえた? ××万くらい?」
って聞かれていや、手取り××もないですよ! って答えたらみんなに、
「当たり前だろ」って笑われました。
はい! 着々と僕は職場でもイジラレキャラが定着しているようです!
うあーーーん。

お饅頭でも買ってってあげなよ、って言われてそのつもりだったんですが。
重大なことに気が付きました。

カード忘れました。

「1円も入ってないカード持ってたって意味ないし。落としたら恐いし・・・」
・・・て家の引き出しに入れたんだったぁ。1ヶ月前の自分のバカやろー!
渋々帰って来て。
母に何か欲しいものある? て答えたら。
「電子レンジが調子悪くてねぇ」って言われました。
そ、それは、聞き流して良いところですよね!
父に何か欲しいものある? て聞いたら。
「焼肉食べに行きたいなぁ」
回転するお寿司で許してくださいませんか・・・・・・。
世間一般に、初任給で親や祖父母にどれくらいのモノを買ってあげてるんだろ。
まぁ僕も別に早急に使うあてや欲しいものがあるわけでないので、
電子レンジ買って焼肉みんなで食べに行っても全然良いと思うけども。
まぁ、考えておきまっしょぃ。
| 日々の出来事 | 21:28 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP